読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

Happy Birthday NEMUSUKE!

 友人のウェブ日記を読んでいたら、急に日記らしい日記が書きたくなっちゃった(笑)。さあ行ってみよう!

 26日(日)、アパートの目の前にある神社の方からお囃子が聞こえてきたので、野々歩さん・眠・私の三人で偵察しに行く。どうやら町内会主催の「さくらまつり」らしい。早速、本部らしきテントに座っているおばさんから輪投げやおしるこの引換券をもらって、いったん自宅に戻る。戻ってから、掃除機掛け・拭き掃除・トイレ掃除。昼食に、眠は卵・ほうれんそう入りうどん、野々歩さんと私は焼きうどん。その後、外出の準備を済ませてから、再び三人で神社へ。既におしるこの配給は終わっていた。あきらめきれない野々歩さんが「おしるこ、おしるこ」としつこくぼやいていると、通りすがりのおばさんが、「おしるこ終わっちゃったのよ〜」と聞いてもいないのに親切に教えてくれた。失意の野々歩さんに「おしるこ作ろうか」と聞いてみたが、頑なに「(作らなくて)いい」と言うので笑ってしまった。よほど「代沢中町会」印のおしるこが食べたかったらしい。 気を取り直して、眠をバギーに乗せ、三人で五反田にある「アカチャンホンポ」へ。 あまりの混雑振りに、その場に倒れてしまいそうなくらい酷い眩暈がした。 やっとの思いでおもちゃ売り場に着き、眠に誕生日プレゼントを選んでもらうべく、くまなくバギーを走らせた。彼女の直感で欲しい物を選んでもらおうと連れて来たのだが、結局は私の直感で木製プレイボックスを選んだ。眠が唯一食い付いたのが、木製のブタだった。内蔵されている鈴がシャンシャン鳴るのが気に入ったらしい。尋常ではない食い付きっぷりだったので、そのブタも買うことにした。レジまで後生大事にブタを抱えている姿がいじましい。他に、新しいおしゃぶり・おしゃぶりホルダー・「おやすみシアター」のディスク(「ダンボ」バージョン)を購入。 用が済んだので、一目散に家路へ。自宅近くの坂道で、私の歩き方がおかしいことに気が付いた野々歩さんが「どうしたの?」と聞いてきたので、実は五反田からずっとトイレに行きたかったことを告白すると、「そういうことは早く言ってくれ」と叱られた。 帰宅後、私は夕食の準備。野々歩さんは、自宅前の(私の)実家兼事務所へ行き、P子の小屋掃除、その後事務所で仕事。 一方私は、エリンギを切りつつ、ふとベビーベッド上の眠を見やると、彼女の中でもうはや木製のブタに対する情熱が冷めたらしく、ベビーベッドの上からブタを落として、そのまま他の遊びに熱中していた。 眠に夕飯をあげた後、事務所にいる野々歩さんを呼び、エリンギ・ニラ・卵の炒め物とジャガイモの味噌汁で夕飯。野々歩さんはまた事務所に戻り、仕事の続き、その後、友人に突然呼び出されて出かけていった。 眠は、「アカチャンホンポ」へ行ったお陰で昼寝のリズムが狂ってしまい、強烈な眠気に襲われているようだったので、とりあえずベビーラックに寝かし付けてあった。 私は、夕飯の後片付けをしたり、洗濯物を畳んだりしている内に、精神状態がどん底まで落ちてしまい、参った。萎えた精神を振り絞って眠を起こし、風呂へ入れている途中、野々歩さんが帰って来たので、洗いあがった眠を托す。 自分を洗った後、風呂場から出て、髪を乾かしたり、新聞に目を通したりする。その後就寝。 いつもの通り、精神状態が悪く、良く眠れない。 これまたいつもの通り、眠が夜中二度ほど寝ぼけて起きて呻くので、その度に抱っこしておっぱいを口に含ませ、寝かせる。 ほとんど寝た気がしないまま、夢か現実かもわからない世界を行きつ戻りつしながら朝を迎える。 これもいつもの通りだ。

 27(月)。8時15分に家を出なければならないのに、目が覚めたのが8時10分だった。たった5分でどうしろというのか。野々歩さんと眠はまだ寝ている。とにかく大慌てで仕度をして、家を出て事務所に寄り自転車に飛び乗った。T様の御宅に8時29分着、何とか間に合った。今から約20分前に自分が布団の中にいたなんて、我ながら信じられない。10時10分、仕事が終わり、一旦帰宅。「お誕生日おめでとう!」と言いながら眠を抱きしめた。野々歩さんと二人で万歳三唱。眠もつられて万歳、大喜び。 家を出る前は炊飯器のスイッチを入れる暇も無かったので、買って来た野菜サンドを食べた。11時過ぎ、再び家を出てK様宅へ。一緒にクリニックへ行く。帰り道、ちょっと足をのばして北沢川緑道まで行く。桜の並木がとてもきれい。晴れ渡る空の青と、桜の白のコントラストがとても美しかったが、何だか悲しい気分になった。桜はとても悲しい花だ。明るい空色を背に咲く桜は、尚更、悲しい。13時過ぎ事務所に帰る。事務所にスタッフのAさんのご家族がいらっしゃっていたので、挨拶。ワンちゃんも一緒。14時頃、A様親子が事務所訪問。眠の誕生日プレゼントに、手作りのお赤飯を頂く。野々歩さん・眠を交えて歓談。A様親子を見送った後、自宅に戻り、チャーハンを作って野々歩さんと昼食。その後、眠の夕飯(ジャガイモとニラのおじや・ほうれんそうとカニカマのオムレツ・みかん)を作り、おやつ用のサツマイモをふかす。16時過ぎ、それらとオムツ数枚等を手提げに入れ、眠と共に実家の母に託す。野々歩さんも私もこれからもう一仕事あるのだ。野々歩さんは梅ケ丘へ。私は母・眠と一緒にお隣へ御赤飯と紅白まんじゅうを届け、眠に誕生日祝いを届けて下さったことにお礼を言う。その後、母・眠と別れ、下北沢でケーキを注文した後、中野サンプラザへ。国保連の説明会に参加。配布資料を読めば済むだけの話が延々と続き、心の中で何度も壇上の人間にツッコミを入れつつ、睡魔と闘うこと2時間。20時過ぎ、ようやく終了し、大急ぎで会場を出る。急ぎ過ぎて乗る電車を間違え、中野に戻って最初からやり直す羽目になった。下北沢に着き、ダイエーで買い物。ケーキ屋で眠の名入りバースデーケーキを受け取り、21時過ぎ帰宅。 自宅で、野々歩さん・眠と一緒に眠の誕生日パーティー。我が家は座卓しかないので、ケーキに1本立てたろうそくの火を掴もうとする眠を必死に回避しつつ、祝う。 三人でケーキを食べ、野々歩さんと私は、買って来た寿司と御赤飯で夕食。食後、野々歩さんが眠を風呂に入れる…

 …という感じで、「眠 生誕1周年記念ドキュメント(笑)」をお送りしたわけですが、いかがだったでしょうか。何だかめんどくさくなってきちゃったので、風呂の後は以下省略です(笑)。もう知ったこっちゃねえよっ! とにかく私、眠が私達を選んで生まれて来てくれたことにとても誇りを感じているんです。こんなに愛らしい子が自分の娘だなんて! ほんとにキューピー人形そっくりなんです(笑)。 きれいにカールした長いまつげに、ぱっちりおめめ。ぽっこり出たおなか(笑)。 …て、今突然気付いたんだけど、今回の日記、長過ぎない? うっわすっごい長いよ、これ! うっわうっわ! もうやめ! おしまい!