読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

鈴木家の夏休み

【写真の説明】

写真(左)井の頭自然公園へ行った時のもの。どうぶつ(何かは忘れた)を熱心に見る熱中症コンビ(ゆり&ねむ)

写真(中央)幼稚園の未就園児クラスの特別保育に参加。お腹が大きいので、こういう前かがみの姿勢はめちゃくちゃキツい。テントウ虫ビキニのねむ、この後行われたすいか割りに参加するも、いつものバカ力を発揮出来ず不発に終わる。

写真(右)近所の緑道沿いにて。シャボン玉で遊ぶゆり&ねむ。ねむがセミを欲しがるので、ののほさんが捕まえてあげたら、ビビって逃げられた(ねむに)…ワケわからん

 残暑御見舞い申し上げます…って気付いたらもう九月じゃねえか! 8月中、1回もブログを更新してない…一体(笑)。 仕事等が忙しくて徹夜することもあって、お腹が大き過ぎてなかなか思うように休養とれないし、「妖怪よだれづわり 再び!」という状態だし(笑)…今はただ早産になったりしないようケツの穴をふんじばっているような状態なので、ブログなんてとてもとても…。

 夏の思い出の締めくくりに、一昨日の夜、野々歩さんと眠と私の三人で花火をしました。実はその前日も私の母を交えて(何故か真っ昼間に)花火をしたんだけど、この時は突然ねむが線香花火(←火がついてる)の火を握り消す、というとんでもないことをやってのけたので非常に面食らいました。 二日目の一昨日はそのようなハプニングも無く、最後、三人(お腹の子も入れると四人だね)でお団子のようにくっついて線香花火をやった時は、何だか幸せで泣きそうになりました。 線香花火って本当にきれいだね。 線香花火のような幸せっていいなあ、と最近思うようになりました。 ダイエーで買った「お子さま花火セット(確か198円)」もバカには出来ません(笑)。

 というわけで、残暑御見舞い申し上げました。

 【余談】ポストに手書きのお手紙が入ってるのって、本当に嬉しいね! 今年は(もう我慢出来なくて)野々歩さん宛に残暑見舞いを書いてしまいましたよ!「お元気ですか」って…毎日顔を合わせているのにね(笑)。それでもやっぱり手紙は嬉しい。 昨年暮れの私の個展を見た仙台在住の方から素敵な葉書が届いて、それもとても嬉しかった。 手紙、みんなも是非やってみてね!

 そうだ!(まだ何かあるのか(笑))

 もうすぐ臨月になるんで、前にブログに少し書いた写真作品「the second pregnancy」の撮影をします。出来上がったらまずはHPのworksページにアップする予定なので、お楽しみに!

 【余談】インターネットで「妊婦」「写真」で色々と調べたんだけど、正直、あまりピンとくる作品って少ないのね。意外。被写体(妊婦)自身に主体性を感じるものがほとんど無い。 写真家が妊婦のお腹等フォルムの部分に惹かれて撮っているっていうのは割とあるけど。 どちらにしても、私が作りたいものとはちょっと違うなあと思いました。 っていうか、人の裸を見過ぎて、ちょっと気持ちが悪くなっちゃった…(苦笑)