映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

六本指になる夢

確かに自分の指なのに、動かせない、六本目の指。もどかしいけれど忘れたくない、夢の記録。

Freddie and Jim

🐈💓

夢から醒めて、こぼれ落ちていく言葉

かにの甲羅の赤 巨大な豆の緑 生き埋めにされた犬の首 果たせなかった娘との約束

記憶の消失

クレーンは変化の象徴。建物が壊され、新しい場所が生まれる。壊された建物の記憶は、一体どこへ行ってしまうんだろう。

手をつないで

夕暮れ時、自転車に乗って家へ急いでいたら、手をつないだ母娘とすれ違った。女の子は5、6歳くらいかな。 ああ、随分娘たちと手をつないでないなと思った。 先日、次女が11歳になりました。 早く作品完成させたい。

バリの小さな映画祭

インドネシア・バリ島で今月開催される映画祭「ミニキオ映画祭」のSPECIAL SCREENING「IMAGE FORUM FESTIVAL SELECTED WORKS - MULTI-MODES OF INDEPENDENT FILMMAKING IN JAPAN」というプログラムで、「スキゾフレニア」が上映されます。キュレーションはイ…

乖離

もし私が、「私は空を飛べる」って言ったら、どうする? 私はあの感触を知っている。 空を飛ぶ時のあの感触を。 姉はあからさまな嫌悪の表情を浮かべ 今より若い母は、まるで見知らぬ人だった。 もう、ここにはいられない、と デッキブラシと、細かくたたい…

共食い

飼っていた小鳥が亡くなってから、もう随分経つのに、未だに夢の中で苦しんでいる。自分の手で殺す夢、小鳥の死骸でいっぱいの鳥かごを見る夢。かごの中の小鳥が共食いする夢。今日の夢は、かごの中にいた2羽を放つ夢。片方はあっというまに私の手を離れて…

FUCK Narration

今年1月に私の映像作品の特集上映を企画してくれた、ギリシャの非営利団体Pugnant Film Seriesが、今週金曜から土曜にかけて24時間上映イベントをやるそうです。上映作品は134本、他にもインスタレーションやライヴパフォーマンスもあるみたい。私も「透明…

生き埋め

顔にどんどん土がかけられて、視界から光が失われていく。こうやって世界は暗闇になっていくんだなあと思う。

ねこのようちえん

夢を見た。 まだ自分の家に庭があって、 お隣に絵描きの老夫婦が住んでいた頃。 ある日お隣から賑やかな音楽が聴こえたので、 私は庭に出て、塀の向こうを覗いてみた。 小さいお庭には、とても小さい色とりどりの回転木馬があって、かわいいぬいぐるみや、ね…

my first screening in Argentine!

Hello, Mar del Plata! "Schizophrenia" will participate in MARFICI on 4-11 Aug.. http://marfici.org/ It will be screened in the experimental section called "Train of Shadows" ,which is dedicated to a filmmaker Josephine Massarella who passe…

透明人間

こんなに周りに人がいるのに、誰も私に気が付かない。みんな、私の知らない言語で話してる。 あなたのことがわからない。 にんげんやめたい。ガラス玉みたいな眼をした、ねこになりたい。

永遠に続くと思っていた関係にも、いつか終わりの時がやってくる。大切な人を胸に抱いている時。温かい生きものの息遣いを感じながら眠りにつく時。私たちがこんな風になるなんて、思いもよらなかった。変化なんて、これっぽっちも望まない。「この瞬間が永…

懺悔

その言葉を言ったら、人はどう思うか。喜ぶのか、悲しむのか、傷付くのか。それをよく考えた上で、人と話しなさい。 娘にそう説いたけれども、私自身偉そうに言える立場なんだろうか。 「自分の存在を消してしまいたい。いっそ死んでしまいたい。自分には生…

魔法を取り戻す

my new film would be private, sensitive and sentimental one. 「夕暮れ時、アトリエ近くの歩道橋からの景色を眺めたりしてると、悲しいような、でも懐かしいような気持ちで胸がいっぱいになるんだよ。」 2017年6月23日、眠の言葉。2018年7月2日現在、この…

王手!

いくら自分がかわいいと思ってても、人がそう思うとは限らない。ねこでも、こどもでも。度を越したこども自慢・ねこ自慢は人を不快にさせるだけ。わかってる…わかってはいるんだけど!

僕は飛べる

My soul is painted like the wings of butterflies Fairytales of yesterday will grow but never die I can fly - my friends (中略) I'll top the bill, I'll overkill I have to find the will to carry on (On with the show)show -The show must go on…

パイがふたつあったおはなし

The Tale of the Pie and the Patty-Pan by Beatrix Potter. 無性に読みたくなって、本棚から出したら、花が朗読してくれた。 やっぱり、猫のリビーがしじみに似てる気がしてしかたがない。

いい夢

パパのために、小さいねむはなと大きなおにぎりを作る夢を見た。昆布にする?おつけものにする?とか言いながら。いい夢だった。最近やけに涙もろい。

ennui

アンニュイなしじみ。

イタイ人

SICF19受賞者展示コメントがアップされました。 http://www.sicf.jp/archives/sicf19/winnerslist/ 私の受賞者コメントを読んだ夫から、「キミはホントにイタイ人だね。」と言われました…。 my husband said me "you are so cringey!" たしかに、躁状態の私…

1982 名前のない世代

佐藤喬・著の「1982 名前のない世代」を読了。私自身が彼らと同世代の1981年に生まれたのもあって、興味深い記述がちらほらありました。 1982 作者: 佐藤喬 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/04/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 世代論…

Happy Mother's Day!

My daughters gave me beatiful flowers and a homemade tart.

@SICF19

SICF19にて、石田尚志賞をいただきました。 わたしには幸せになる権利なんかない、と思ってずっと生きてきましたが、 今この時代に生きて、作品を制作して発表して、このような賞をいただくことが出来て、自分はすごく恵まれているということにようやく気が…

体調が悪い

連日の徹夜作業で体が弱っていたところに、次女のひどい風邪をもらってしまい、ここ何日か体調が最悪です。本番までにすっきり治ると良いのだが…制作の合間に仕事したり、家事をこなさないといけなかったりするので、もうねこの手を借りたいくらいです。なー…

SICFに向けて

先日の説明会では、ひどい花粉症プラス風邪→悪化→副鼻腔炎→抗生剤→腹痛→トイレという流れで、トイレから帰ったら、会場にはほとんど誰もいなくなってて…搬入経路の説明を受けにみんな行っちゃった後だった(泣)。完全に出遅れたよう(泣)。運営側の方が説明動…

I want to be a good listener. I'm sick and tired of myself who is always talking about my story. 人の話を聞ける人間になりたい。 私はいつも自分の話ばかり。嫌になってしまう。

13 years since then

母になって13年。 2人の娘たちの存在が自分にとって全て、と思っていたけれど、それは少し違うかもしれない。子供はいつか自分の手を離れていくもの。と言いつつ、私自身も親と適切な関係を築けているかと尋ねられると困ってしまうけれど(苦笑)。それでも、…

SICF19

ゴールデンウィークに東京・南青山のスパイラルで開催されるSICFに、新作「透明な世界」で参加します。 http://www.sicf.jp/ 私の展示は、B日程5/3,4、ブースNo.46です。 皆様のお越しをお待ちしております。 I will participate in SICF on 3-4 May. with m…