映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

 永遠に続くと思っていた関係にも、いつか終わりの時がやってくる。大切な人を胸に抱いている時。温かい生きものの息遣いを感じながら眠りにつく時。私たちがこんな風になるなんて、思いもよらなかった。変化なんて、これっぽっちも望まない。「この瞬間が永遠に続けば良いのに。」

 この世界には決して叶うことが無い願いがあるということを、私たちは知った。

f:id:yuri-paradox:20180704231831j:image

懺悔

その言葉を言ったら、人はどう思うか。喜ぶのか、悲しむのか、傷付くのか。それをよく考えた上で、人と話しなさい。

娘にそう説いたけれども、私自身偉そうに言える立場なんだろうか。

「自分の存在を消してしまいたい。いっそ死んでしまいたい。自分には生きている価値なんかない。」それらの言葉で、親や娘たちやパートナーをザクザクと傷付けた私。

傷付けた私。傷付く私。傷付く娘。傷付ける娘。

「自分以外誰もいない世界、物も何もない世界に行きたい」そう言って、ただひたすらに自転車を漕ぐ娘の姿を想像して、私はただ泣くしかなかった。「何もない世界」にひたむきに憧れ、自転車を走らせる娘の悲愴な気持ちが痛いほどわかるから。

 

「自分が死んでも、誰も悲しまない」

どうか、そんな言葉もう言わないで。

そして、お母さん、そんな言葉を何度も言ってごめんなさい。

 

魔法を取り戻す

my new film would be private, sensitive and sentimental one.

 

「夕暮れ時、アトリエ近くの歩道橋からの景色を眺めたりしてると、悲しいような、でも懐かしいような気持ちで胸がいっぱいになるんだよ。」

2017年6月23日、眠の言葉。2018年7月2日現在、この歩道橋はもう存在しない。

 

「例えば実際に触れることのできる何かを自分の腕に抱きしめているとして、そのものに『懐かしい』という感覚を感じたら、そのものは最も間近く触れているにも関わらず、決して手の届かないとても遠いところにあるような感じを与える気がします。決して触れることが出来ないイデアの世界に。」

私の友人の彩鳥さんのブログ「彩鳥のさえずり 絡繰日記」の「懐かしい投影たち」より抜粋

 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2

 

 

王手!

いくら自分がかわいいと思ってても、人がそう思うとは限らない。ねこでも、こどもでも。度を越したこども自慢・ねこ自慢は人を不快にさせるだけ。わかってる…わかってはいるんだけど!

f:id:yuri-paradox:20180626155803j:image

僕は飛べる

My soul is painted like the wings of butterflies

Fairytales of yesterday will grow but never die

I can fly - my friends

(中略)

I'll top the bill, I'll overkill

I have to find the will to carry on

(On with the show)
show -
The show must go on...

Queen - The Show Must Go On(1991)より抜粋>

パイがふたつあったおはなし

The Tale of the Pie and the Patty-Pan by Beatrix Potter.

無性に読みたくなって、本棚から出したら、花が朗読してくれた。

やっぱり、猫のリビーがしじみに似てる気がしてしかたがない。

 

 f:id:yuri-paradox:20180613001049j:image

いい夢

 パパのために、小さいねむはなと大きなおにぎりを作る夢を見た。昆布にする?おつけものにする?とか言いながら。いい夢だった。最近やけに涙もろい。


f:id:yuri-paradox:20180601155235j:image