映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

2017年5月15日〜19日・ポーランド滞在記

以下、Facebookにアップした、私のポーランド滞在記です。Facebookをやっていない友人のために転載しました。
今回の旅では、日本だけでなく、色々な国のアーティストと知り合うことが出来ましたが、一番強烈だったのが、アウシュヴィッツ博物館公式ガイドの中谷剛さんとの出会いでした。ビルケナウから第一収容所へ移動するシャトルバスの中で中谷さんと隣になった時にお話をさせていただいたのですが、中谷さんの次のような言葉がとても印象に残っています。
「毎日毎日人間のネガティヴな部分を、来館者の方々に繰り返し説明していて、無力感に襲われることは多々あります。それでも、僕は人間のポジティヴな部分に対する希望は捨てていないんです。だから、僕はこのポーランドに住む一介の無名の日本人に過ぎないけれど、僕は僕なりに事実を伝え続けていく価値があると思っています」
私にとって、今回のポーランドでの経験は、これまで自分の中でグラグラしていたものがくっきりと固まったような、人生観を大きく揺るがすようなものになりました。今後の人生、一人の表現者として、いかに社会と向き合い、いかに生き、いかに死ぬのか、「覚悟」のようなものが決まったように思います。今までの私の作品が「第1期」だとしたら、現在準備中の新作は「第2期の始まり」と位置付けすることが出来ます。それぞれの作品を一個一個独立させて考えるというよりも、人生という大きな流れの中で、その時々で作られるべくして作りあげた作品たちと、精一杯自分の人生を生き抜くことが出来たらと思います。

****************************************************

村岡 由梨さんは Warsaw Chopin Airportからヴロツワフに旅行しました。5月15日 22:36 · ワルシャワ (ポーランド・Masovian Voivodeship) ·
早くもborder controlでひっかかった!パスポートと顔が違うって怪しまれただよ…こわー😨。アナウンスのポーランド語、ちんぷんかんぷん…でもキャビンアテンダントが美人揃いでクラクラする
 
村岡 由梨さんが写真2件を追加しました — 場所: B&B Hotel Wrocław Centrum 5月16日 4:56 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
ホテルから見た美しい町並と、乗り物酔いでそれどころじゃない私。明日に備えて早く寝ます

f:id:yuri-paradox:20170530215912j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530215942j:plain

 

 
村岡 由梨さんが写真2件を追加しました — 場所: Caffe Bohema 5月16日 19:56 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
宝石箱みたいなケーキ!フルーツタルト食べました。おいしい😍ねむはなに食べさせたい!

f:id:yuri-paradox:20170530220238j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220311j:plain

 

 
村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真7件を追加しました — 場所: Centrum Sztuki WRO / WRO Art Center 5月16日 22:45 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
いよいよ明日夕方オープニングです!オリジナルトートやTシャツももらいました。今日はフリーだったので、色々市内を散策しました。おもちゃのような建物や、路面電車がきれいでした。Staromiejski公園というところに行ったのですが、敷地内に、ねむはなが好みそうなメリーゴーランドがあったり、親子連れが多かったりして、無性にねむはなに会いたくなり、またホームシックになりました😢。次来るときは、絶対に子供たちも連れてきます。学校なんか、休ませます。あと、なぜか、いやに物乞いにからまれました。St.Wojciech教会へ行って、旅の安全と、作品の上映の成功と、これ以上物乞いにからまれませんように、とお祈りして建物を出たら、早速物乞いにからまれました。とほほ

f:id:yuri-paradox:20170530220424j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220501j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220606j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220654j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220723j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220816j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530220907j:plain

 

 
村岡 由梨さんが写真2件を追加しました — 場所: Auschwitz Memorial / Muzeum Auschwitz 5月17日 19:38 · オシフィエンチム (ポーランド・Lesser Poland Voivodeship) ·
新作のリサーチも兼ねて、昨夜遅くにヴロツワフを出て、夜行列車とバスを乗り継いで、アウシュヴィッツに来ました。唯一の日本人ガイドの中谷剛さんに案内して頂いたのですが、行きの列車が大幅に遅れて、他の見学者の方々を1時間近く待たせてしまうというハプニングもあり、一時はどうなることかと思いましたが、無事見学を終えました。場内はほとんど写真撮影OKだったのですが、どうしても写真を撮ろうという気持ちになれなくて、結局撮れたのは2枚だけ。中谷さんの解説はあくまで淡々と客観的事実を積み重ねるような語り口で、その内容は、何千年も遡ったユダヤ教の起源から、今日のポピュリズムの台頭の話題まで、多岐に渡り、とても重く、深い内容でした。一番強く印象に残ったのが、犠牲者が履いていた靴の山にポツンと置いてあった、小さな子供用の靴でした。作品を作っていて、どうしようもない無力感に苛まれることがあるけれど、私は私のやり方で、あきらめてはいけない、社会としっかり向き合っていくことが重要なのだと痛感しました。本当に、行ってよかったです。一生に残る経験になりました。

f:id:yuri-paradox:20170530221048j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221123j:plain

 

 村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真3件を追加しました — 場所: クラクフ 5月18日 5:36 ·
バスに酔っておえぇってなってたけど、方々の露店で売ってるこのプレッツェル?みたいなの、かったいけど、おいしかったなぁ😃これ、うちの母が絶対好きなやつだ。あと、ストロベリーアイスも食べた。はなが絶対歯噛みして悔しがるだろうな!ふふふ

f:id:yuri-paradox:20170530221256j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221330j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221359j:plain

 

村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真4件を追加しました — 場所: VEGA Bar Wegański 5月19日 0:55 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
ヴロツワフにある100%ビーガンのお店。一昨日、今日と2回も来てしまった。写真はミートローフもどきと、たっぷりの野菜。一生分のにんじんを食べました🐰。とにかくポーランドは野菜とスイーツがおいしい!店を出るとすぐ古い建物に囲まれた広場になっていて、大道芸に人が集まってました。

f:id:yuri-paradox:20170530221553j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221623j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221714j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530221747j:plain

 

 
村岡 由梨 5月19日 2:04 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
ヴロツワフではめったにアジア人を見かけないんだけど、さっき夕飯を済ませて店を出たら日本人女性に話しかけられて、ここ数日の話を色々したら、「わぁ、すごい行動力ですね!」などと言われて調子に乗っちゃって、さらに調子に乗って自分の名刺を渡したりしてたら、最後にパンフレット渡された。エホバの証人の人だった。

f:id:yuri-paradox:20170530221848j:plain

 

 
村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真2件を追加しました — 場所: Pałac Ballestremów 5月19日 4:21 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
ヴロツワフのBallestrem Palaceでのofficial screening with artistが無事終わりました。…と言いたいところなんですが、大失態をおかしてしまいました😨😨😨。時間に間に合うように余裕を持ってホテルを出たんだけど、途中Art centerに寄って交通費などの払い戻しの手続きなどをしてたら書類に不備があり、走ってホテルに戻って書類を持って、また走ってArt centerに寄って手続きをして…という感じでタイムロスしてしまい、さらにその後上映会場へ行く道で迷子(ぎゃー!!!)になってしまい、途中偶然コーディネーターのマグダレーナに出くわして、やっと一緒に会場に着いたらすでにアーティスト紹介が終わってたらしく…せっかく練習した英語のスピーチを披露することなく終わってしまいました…。全然with artistじゃない…。私って一体…。ことの顛末を電話で野々歩さんに報告したら、「何のためにポーランドへ行ったんだ」とがっつり怒られました。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい💦💦💦「代わりに面白い作品見つけて来い!」と言われたので、後ほど写真アップいたします。でも、上映会場は「palace」というくらいだから、すごい建物なんだろうなと思っていたら、本当にすごい建物でした。中に入って階段を下ると、薄暗い地下空間が広がっていて、インスタレ―ションなどが展示されていたり、大きなスクリーンが設置された広めのスペースがあったりして、私の作品はこのスペースで上映されていました。お客さんは30〜40人くらいいたと思います。しかし、改めて自分の作品を観ると、とにかく内容が暗くて重くて、場違い感半端なかったです(苦笑)。現在のライトでおしゃれなメインストリームから完全にはずれてるわ、こりゃ。という感じ。でも、それが自分の作品の良さだな、と思ったりもするので、これからも自分なりにこだわって作って行けたらいいなぁと思っています。絶対負けねえ!!!上映は6月11日までやっているので、引き続きよろしくおねがいいたします!野々歩さんは怒ってたけど、私にとって今回のポーランド滞在は、非常に意義のある、濃密な経験になりました。今年中にセルビアで滞在制作する予定(どうなるかわからないけど)ですが、きっと今回の経験がすごく生かされるはず。とにかく明日の飛行機で日本に帰ります!ねむはなに早く会いたい!

f:id:yuri-paradox:20170530222029j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222055j:plain

 

村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真7件を追加しました。5月19日 4:30 · ヴロツワフ (ポーランド・Lower Silesian Voivodeship) ·
他のアーティストの作品はヴロツワフの町のあちこちで展示されていて、デパートのウィンドウにディスプレイされていたり、パフォーマンスだったり、インスタレ―ションだったりします。全部は回りきれなかったけど、いくつか写真をアップします!WRO特製Tシャツを着ている人や、特製トートバッグを持っている人もちらほら見かけました。

f:id:yuri-paradox:20170530222224j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222257j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222350j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222502j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222530j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222603j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222635j:plain

 

村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真を追加しました — 場所: Warsaw Chopin Airport 5月19日 21:13 · ワルシャワ (ポーランド・Masovian Voivodeship) ·
bye-bye,Poland! 最後にありったけの野菜を食べています

f:id:yuri-paradox:20170530222735j:plain

 

村岡 由梨さんがアルバム「2017年・ポーランド」に写真2件を追加しました。5月20日 11:04 ·
ただいま成田エクスプレス中!ねむにはipadケース、はなにはメガネケースをおみやげに買いました。これから、ねむの運動会に直行します!ちなみに、私の留守中、カレーを作ったりシチューを作ったりお弁当を作ったりして頑張ってくれた野々歩さんへのおみやげは…「妖精の町」ヴロツワフの、妖精人形です!!!ぜったい、うわーいらねーって言うだろうな!

f:id:yuri-paradox:20170530222843j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530222907j:plain

 

<おまけの写真>

f:id:yuri-paradox:20170530223012j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530223049j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530223131j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530223227j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530223310j:plain

f:id:yuri-paradox:20170530223339j:plain

<おしまい>

WRO Media Art Biennale

5月17日からポーランドで開催されるWRO Media Art Biennaleに参加するため、再来週から1週間程度、ポーランドへ行ってきます!

wrocenter.pl108

新作のリサーチも兼ねて、ヴロツワフから列車・バスを乗り継いでオシフィエンチムアウシュビッツ)にも行く予定。(←かなり無理なスケジュールで行こうとしているので、家族全員に反対されてます。)18日には自作品のofficial screening with artist なるものもあります!ちゃんと英語で話せるかなぁ(泣)。かなり不安(泣)。

「スケジュールがかなり過密・初めてのヨーロッパ・一人旅」と不安要素だらけなのですが、果たして生きて帰って来られるのか?!

 

全然関係ないけど、というかなくもないけど、さっき書類を書きながら、「作品を制作して発表することは、自分の中の問題意識を社会と共有すること」ということに気が付きました。だからなんなんだ!ほげー

 

 

母と娘

自分の母親には完璧を求めるのに、私は完璧な母親じゃない。人には寛容さを求めるのに、私は人に寛容じゃない。何て身勝手…。いい加減、人は皆完璧な存在ではないということを受け入れるべきなのに…なかなか難しい💦

Declare Independence

随分長い間、国際政治に関心を持って来たけれど、自分の政治観や宗教観を作品に反映させたり、何らかの形で公にすることは、何だかとても怖いことに思えて、意識的に避けてきたように思います。

 

私という人間は、この広い世界の「日本」という小さな島国に住む、一介の、無名の表現者に過ぎません。

 

今の私が、自分の作品に政治的・宗教的なメッセージを込めたとしても、「世界」に何か影響を与えるわけでもないだろうし、それ以前に「世界」から何かを求められている立場でもない。「一介の」とか「無名の」って、そういうことなのだと思います。いじけた言い方をしてしまえば、名の知れた芸術家が、「社会性のある作品」を世の中に向けて発信するのと訳が違うのです。

 

そんな私が、新作「Transparent,the world is.〜透明な世界〜」では、自身の政治観・宗教観に大きく踏み込んでいます。

一人の表現者として美しく脱皮するために、今一度、社会における自分の立ち位置、もっと言えば、社会における自分の役割のようなものに向き合おうという気持ちになったのです。

 

これは、私にとって最初で最後の大きな賭けです。世間一般がイメージする「芸術作品の社会性・公共性」に対する挑戦でもあります。

 

「芸術家は芸術のことだけ考えていれば良い」

今までもこれからも、これが私の原点ですが、挑戦するのは私の勝手。

「一介の」「無名の」私が手にしている「自由」という名の特権なのだと思います。

診察室の中と外

K先生による週1回の精神分析的精神療法を約8年間続けています。

 

外界から遮断された診察室の中で、40分間、先生と1対1で話をするのです。

 

「セックスの持つアンビバレントな聖性と俗性に、自分の体と心が真っ二つに引き裂かれる」

「セックスの聖性による産物である妊娠・出産を経験しても、未だに自分の中で答えを見つけられない」

「この診察室のドアを開けたら、世界はグロテスクなセックスに溢れているから、怖くて出られない。でも、今、この部屋に私といる先生も、セックスをして子供をもうけたわけだから、先生のことも不気味に感じてしまう。結局、診察室の中にも外にも、私の居場所は無いんじゃないかと思うと、絶望的な気持ち」

 

娘たちを産んで、母になって、私の問題は、もっと複雑で切実なものになりました。

 

セックスへの憎悪で胸が焼き焦げるほど苦しんだ思春期。強烈な性衝動の一方で、自分の性器をむしりとって、メチャクチャに切り刻んでしまいたくなるほどの苦しみから、未だに抜け出せないでいます。

 

答えが見つからない。

答えが見つからない。

だから、作品を作らざるを得ない。

 

こんな私が、娘たちに、「愛する人と結ばれることの素晴らしさ」を教えることが出来る日が来るんだろうか。

愛する人と結ばれた結果、生まれた娘たちに。

 

 

 

猥褻かアートか

facebookに自分のwebサイト(http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/index.html)のリンクを貼って投稿したら、削除された…。「裸を表示した」かららしい。こんなの初めて。以前、あるギャラリーで展示をしたくて、ポートフォリオを持って行ったら、「裸の作品があるから」って理由で断られたのを思い出すなあ。「裸以外の作品ならいいです」って言われた(苦笑)。なんだそりゃ。どれも苦心して作った作品なのに、「公序良俗に反する」って言われて排除されるの、納得が行かないよ…。そもそも公序良俗に反するってそんなにいけないことかな?公序良俗に反しない、品行方正な作品ばかりの世界なんて、うんざりするし、ぶっ壊したくなるけど、そういうの「教育上よろしくない」ってことになるんだろうな。ふんだ。

携帯爆発

いつか、クイーンのアルバム「イニュエンドゥ」みたいな作品が作れたらいいな。ちなみに今の私は、クイーンがアルバム「ザ・ゲーム」の制作していた時みたいな心境…。

 

昨夜は、私が仕事している横で、娘がipadで絵を描いていたので、携帯で色々音楽をかけました。クイーン、デビッド・ボウイビョーク、アデル…でもって、イエモンの「球根」で携帯が爆発寸前まで熱くなってしまって、ブツンと切れました💦。もう買い換え時かな。せっかく使い慣れてきたのに!不便だー。