読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

今日は2016年の大晦日。

振り返ってみると、まず今年の前半、肉親との辛い別れがありました。自責の念に駆られ、過去の様々な出来事を思い出して眠れず、明け方怖い夢を見て。そんな心が乱れた状態が未だに続いています。

そんな中、作品「スキゾフレニア」の完成に漕ぎ着けたことは、大きな喜びでした。

ありがたいことに、野々歩さんがこの作品を海外映画祭に積極的にエントリーしてくれて、とりわけ、東欧のセルビアで開催されたエッジィな映画祭【ALTERNATIVE film/video festival】ALTERNATIVE FILM/VIDEO 2016でImportant Cinematic Worksの一つに選ばれたのはとても大きな収穫でした。これによって、来年セルビアで作品を滞在制作することが決まり、未知の世界への扉が開いたように感じています。

そして新作「Transparent,the world is.」の絵コンテも着々と進めています。基本的に四六時中、作品のことは頭から離れないのですが、野々歩さんの提案で、毎日一定時間、作品のことだけに集中する時間を家族が作ってくれることになり、その時間、私は自室にカンヅメになります。アニメーション作家の故・相原信洋さんが昔、「自宅にスペースを作って、1日数コマずつでもいいから毎日作品制作を進めなさい」というようなことをおっしゃっていたのを思い出して、その言葉の意味を噛み締めています。

今年は、作品制作においてだけではなく、色々な場面で、家族に迷惑をかけた一年でもありました。特に二人の娘には悲しい思いをさせてしまうこともあり、無垢な二人の魂を傷つける、身勝手な母親で申し訳ない気持ちでいっぱいです。

上の子は来春中学生。私の成長が止まって、他者との外的/精神的交流が途絶えたのも中学生時代。いよいよ娘と私の人生が交差する時が来るのを、恐れる気持ち50パーセント/神秘的な何かに触れるような気持ち50パーセントといった心境で待っています。