読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

夏の終わりに

 今年の夏は、家族で千葉の館山へ行きました。

 通勤ラッシュを避ける為、朝寝坊家族としては奇跡の、朝5時起き成功! それから数時間電車に揺られて、館山に到着。まずホテルに荷物を置かせてもらって、その後館山の海岸で子供たちを泳がせました。花ちゃんは波がこわいらしく、おしりを少し濡らしただけで、走ってパラソルの下の私の元へ飛び込んで来ました。眠ちゃんは、浮き輪に乗って海を満喫していて、立派に日焼けもしました。一緒に遊んでいた野々歩さんの背中もひどく日焼けをして真っ赤っかになっていました。そしてホテルにチェックインし、(去年江ノ島で一泊した旅館よりずーーーっとキレイで贅沢なホテルでした。食事もおいしかった!)、その夜は皆泥のように眠りました。

 翌日は、タクシーで沖ノ島まで移動して、磯遊びをしました。眠ちゃんは、大喜びでヤドカリなどを捕まえてはしゃいでいました。その後白浜方面へまたタクシーで移動して、南房パラダイスという熱帯植物園へ行きました。ただでさえ暑いのに、さらに暑苦しいところへ来てしまって、子供たち以外はみんなグロッキーでした。子供のスタミナってものすごいです。本当に、暑さ知らず、疲れ知らず。

 とても疲れましたが、野々歩さんのかねてからの願い「子供に磯遊びをさせてやりたい」が叶ったので、とても良かったと思います。

 それから幾日か経って、代田南児童館で眠と花を遊ばせていたら、その流れで、児童館の近くの花見堂小学校でやっているお祭りに行くことになりました。お祭りでは、ラムネを飲み、チョコバナナを食べ、串団子と焼きそばを食べ、ヨーヨーつりをしました。お祭りの最後、締めくくりに花火をやるというので、芝生に座って見物しました。花ちゃんは野々歩さんの膝の上に座っていたので、予想に反して、さほど恐くなさそうでした。最後「ナイアガラの滝」の花火が終わって、全部の花火が打ち上げ終わると、静寂の中で火薬の残香だけが風にのって流れて来て、ふと「ああ、もうすぐ夏も終わるんだなあ」という思いが胸に沁みてきました。

 明日は近所の神社でお祭りがあり、眠は浴衣、花ちゃんは甚平を着る予定です。