読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映像作家・村岡由梨のブログ http://www.yuri-paradox.ecweb.jp/

マタニティ・ブラック

 今月の11日に第二子(女の子)を出産してからあっという間に2週間が経過しました。何せ(入院中の病室でも仕事をしなくちゃ追っつかないくらい(苦笑))やるべきこと・考えるべきことが立て込んでいたもので…お陰で出生届を出すのも期限ギリギリになってしまいました。

 野々歩さんの発案で、名前は「花(はな)」に決まりました。 産む前から、「平和」を想起させるような名前にしたいなあと思っていたんだけど、野々歩さんからこの漢字(=花)の字源を聞いて、「なるほどいいな」と思ったの。くさかんむりの下の「化」の部分は、左側が生きている人、右側が死んでいる人を表しているんだって。生きている人と死んでいる人の上に植物が存在しているこの漢字の構成が、私の考えている「平和」な光景とすごく調和していると思ったので、野々歩さんの案に賛成しました。

 前回の日記に、今回の出産は「計画無痛分娩」と書いたけど、厳密には「和痛分娩」で、子宮口全開大の時はやっぱり「ギャアアアアア!!!」ってなりました(苦笑)。出産の前日の夜は、強いめまいと吐き気で一晩中うなされて眠れず、産む直前まで激しく嘔吐して泣いて、とても辛かったです。

 それでも、産まれて来た我が子は、信じられないくらいかわいい! 本当に食べてしまいたいくらい(笑)。 小さい手で私にギュッとしがみついて来る時とか…もう何て言うか…表現し難いです(笑)。自分の母性に自分自身驚いています。あまりかわいがり過ぎると眠が嫉妬するので、夜、みんなが寝静まってからおっぱいをあげる時とかに、思う存分ギュゥと抱きしめたりしています。

 一方、少し前の話になるけど、花を産む直前に、眠が通っている幼稚園で「プレイデイ」っていう運動会のような催しがあって、どうしても眠の勇姿(?)を見たくて重いお腹を抱えて行ったんだけど、本当に素晴らしい経験でした! 眠は、唯一の出演プログラム「どうぶつ体操」でウサギさんのお面を頭に付けて踊ったんだけど、緊張したのか、最後までほとんど動けなかったのね。最後まで笑顔だけは絶やさなかったけど(笑)。でもその姿が信じられないくらいかわいくて、私は気付けば笑福亭鶴瓶みたいな顔になってました(笑)。 ここでも自分で自分の母性にびっくり。

 かわいい子供に二人も恵まれて、本当に幸せです。野々歩さんと眠と花と一家四人、平和に静かに暮らしたい。 でも、幸福感が絶頂に達すると、ふと、死んでしまいたい衝動に駆られてしまう。だからこの日記のタイトルになるわけです(苦笑)。 二人の子供の母であるという現実と対峙している今、私は「私である」という現実と今一度向き合い直さなければならないと感じています。